2017年12月5日

JCLでお手軽に例外発生時のスタックトレースを取る

このアーティクルはDelphi Advent Calendar 2017の5日目の記事です(2年ぶり4回目)。またゆるふぁい#0のLTの内容を元にしています。なお以下の説明は基本的にVCLアプリケーションのお話になります。

Delphiで作成したプログラムを実行中にエラーが発生すると例外が送出されます。
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
  P: PInteger;
begin
  P := nil;
  P^ := 42;  // EAccessViolation
end;
プログラム上で捕捉されなかった例外(unhandled exception)は、デフォルトの例外の処理としてApplicationオブジェクトで捕捉されてエラーメッセージを表示します。

このとき例外の原因になった処理のアドレスは詳細マップファイルを生成しておけばわかります(後述)。しかしエラーが発生した箇所までの実行経路(呼び出し経路)が複雑だったり、Systemユニットにあるような低レベルの関数のように、どこから呼ばれるのかの選択肢が非常に多い箇所でエラーが発生した場合は、単に例外が発生したアドレスがわかるだけでは不十分です。デバッガ上で動作させているのであればDelphiのIDEで例外発生時の呼び出し履歴を見ればよいのですが、客先環境でしか再現しないような場合などでスタックトレースを取ることができれば問題解決の大きな助けになります。そこで簡単にできる方法として、JCL(JEDI Code Library)のJCL Debugを使って例外送出箇所までのスタックトレースを取得してみます(もちろん商用製品のmadExceptEurekaLogであればもっといろいろなことができるとは思います)。

JCL(JEDI Code Library)はJEDIプロジェクトによるライブラリ群です。ビジュアルコンポーネントのJVCL(JEDI VCL)とともにインストールされていることも多いのではないでしょうか。新たにインストールする場合は、Delphiの複数バージョンがインストールされている環境ではリポジトリ(JCLJVCL)から取得してインストール、単一のバージョンのみならGetItパッケージマネージャからインストール、Starter SKUであればCC(JCLJVCL)からバイナリインストーラをダウンロードしてインストール、ということになります(詳細な手順は省略します)。JCLがインストールされると、"メインメニュー"→"プロジェクト"の一番下あたりに"JCL Debug expert"というアイテムが追加されているはずです。

さて、ここまで来れば、必要な手順はたった4つです。プロジェクトを開いておいて、

ステップ1: "JCL Debug expert"の"Generate .jdbg files"を有効("Always enabled"または"Enabled for this project")にします。

ステップ2: "Insert JDBG data into the binary"を有効("Always enabled"または"Enabled for this project")にします。

ステップ3: "メインメニュー"→"プロジェクト"→"オプション"で"プロジェクトオプション"ダイアログを表示し、必要なターゲットを選択("すべての構成 - すべてのプラットフォーム"でいいと思います)して、"Delphiコンパイラ"→"リンク"の"マップファイル, 64ビット Windows, 32ビット Windows, OS X, iOS シミュレータ プラットフォームのみ"を"詳細"に変更します。

ステップ4: "メインメニュー"→"ファイル"→"新規作成"→"その他"で"新規作成"ダイアログを表示して、"Delphiプロジェクト"→"Delphiファイル"から"JCL Exception dialog for Delphi"を選択すると"New exception dialog..."ウィザードが表示されます。ここでPage 1 of 7の"Unit file name"に例外ダイアログのユニット名を入れ、Page 2 of 7の"Sizeable dialog"にチェックして(他の項目はとりあえずデフォルトのままでOK)、"Finish"ボタンをクリックすると例外ダイアログのユニットが作成されます。ただこのままだと表示フォントが英語環境向けなので、プロジェクトで使用しているフォントに合わせたほうがいいと思います(とりあえずフォームをテキスト表示にして"Font.*"の項目を全部削除すればデフォルトになります)。

これでプロジェクトをコンパイルすると確認ダイアログが表示されますが、これは詳細マップを作る設定に変更しますか?という確認なのでそのまま"OK"とします。これでコンパイルされたプログラムを実行すると例外ダイアログが表示されますが、ここで"Details"ボタンをクリックすると、スタックトレースが表示されます。

------------------------------------------------------------------------------
Exception log with detailed tech info. Generated on 2017/11/09 19:39:30.
You may send it to the application vendor, helping him to understand what had happened.
Application title: Project1
Application file: (省略)\Win32\Debug\Project1.exe
------------------------------------------------------------------------------
Exception class: EAccessViolation
Exception message: モジュール 'Project1.exe' のアドレス 005D908C でアドレス 00000000 に対する書き込み違反がおきました。.
Exception address: 005D908C
------------------------------------------------------------------------------
Main thread ID = 2320
Exception thread ID = 2320
------------------------------------------------------------------------------
Exception stack
Stack list, generated 2017/11/09 19:39:30
[005D908C]{Project1.exe} Unit1.TForm1.Button1Click (Line 31, "Unit1.pas" + 2)
[00522143]{Project1.exe} Vcl.Controls.TControl.Click (Line 7442, "Vcl.Controls.pas" + 9)
[00526749]{Project1.exe} Vcl.Controls.TWinControl.WndProc (Line 10160, "Vcl.Controls.pas" + 158)
[0053B254]{Project1.exe} Vcl.StdCtrls.TButtonControl.WndProc (Line 5278, "Vcl.StdCtrls.pas" + 13)
[005268AF]{Project1.exe} Vcl.Controls.DoControlMsg (Line 10229, "Vcl.Controls.pas" + 12)
[00526749]{Project1.exe} Vcl.Controls.TWinControl.WndProc (Line 10160, "Vcl.Controls.pas" + 158)
[005C3E0D]{Project1.exe} Vcl.Forms.TCustomForm.WndProc (Line 4546, "Vcl.Forms.pas" + 209)
[00525D68]{Project1.exe} Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc (Line 9867, "Vcl.Controls.pas" + 3)
[004C590C]{Project1.exe} System.Classes.StdWndProc (Line 17364, "System.Classes.pas" + 8)
[0052685A]{Project1.exe} Vcl.Controls.TWinControl.DefaultHandler (Line 10201, "Vcl.Controls.pas" + 30)
[00526749]{Project1.exe} Vcl.Controls.TWinControl.WndProc (Line 10160, "Vcl.Controls.pas" + 158)
[0053B254]{Project1.exe} Vcl.StdCtrls.TButtonControl.WndProc (Line 5278, "Vcl.StdCtrls.pas" + 13)
[004C590C]{Project1.exe} System.Classes.StdWndProc (Line 17364, "System.Classes.pas" + 8)
------------------------------------------------------------------------------
Call stack for main thread
Stack list, generated 2017/11/09 19:39:30
[773A0C52]{ntdll.dll } ZwGetContextThread
(以下省略)
------------------------------------------------------------------------------
こんな感じで例外発生までの呼び出し履歴が表示されます。スタックトレースの表示項目はこの場合、左からアドレス、実行ファイル、メソッド、ソースコード内の当該行番号、ユニット名、メソッド先頭からの行オフセットとなっています(リンクされたユニットのデバッグ情報によって表示される項目が異なります)。

JCL Debugを有効にするとプロジェクトファイル(.dpr)の先頭に
// JCL_DEBUG_EXPERT_GENERATEJDBG ON
// JCL_DEBUG_EXPERT_INSERTJDBG ON
の2行が追加され、リンク時に.mapファイルから.jdbgファイルを生成して、これを実行ファイルに埋め込んでくれます。一方で例外ダイアログではこの.jdbgファイルの情報からスタックトレースに必要な情報を取り出して上記のような表示を行ってくれる、という仕組みです。

また例外ダイアログを使わずログなどに記録するような場合は、
unit DumpExceptionStack;

interface

uses
  Winapi.Windows,
  System.SysUtils,
  JclBase, JclDebug;

function DumpLastExceptStackInfoList(const Separator: String = '|'): String;


implementation

function GetStackInfoDescription(const Addr: Pointer): String;
var
  Info: TJclLocationInfo;
  StartProcInfo: TJclLocationInfo;
  OffsetStr: String;
  StartProcOffsetStr: String;
  FixedProcedureName: String;
  UnitNameWithoutUnitscope: String;
begin

  OffsetStr := '';

  if GetLocationInfo(Addr, Info) = True then
  begin
    with Info do
    begin
      FixedProcedureName := ProcedureName;
      if Pos(UnitName + '.', FixedProcedureName) = 1 then
      begin
        FixedProcedureName := Copy(FixedProcedureName,
                                   Length(UnitName) + 2,
                                   Length(FixedProcedureName) - Length(UnitName) - 1);
      end
      else if Pos('.', UnitName) > 1 then
      begin
        UnitNameWithoutUnitscope := UnitName;
        Delete(UnitNameWithoutUnitscope, 1, Pos('.', UnitNameWithoutUnitscope));
        if Pos(UnitNameWithoutUnitscope + '.', FixedProcedureName) = 1 then
        begin
          FixedProcedureName := Copy(FixedProcedureName, Length(UnitNameWithoutUnitscope) + 2, Length(FixedProcedureName) - Length(UnitNameWithoutUnitscope) - 1);
        end;
      end;

      if LineNumber > 0 then
      begin
        if (GetLocationInfo(Pointer(TJclAddr(Info.Address) - Cardinal(Info.OffsetFromProcName)), StartProcInfo) = True) and
           (StartProcInfo.LineNumber > 0) then
        begin
          StartProcOffsetStr := Format(' + %d', [LineNumber - StartProcInfo.LineNumber]);
        end
        else
        begin
          StartProcOffsetStr := '';
        end;

        if OffsetFromLineNumber >= 0 then
        begin
          OffsetStr := Format(' +0x%x', [OffsetFromLineNumber]);
        end
        else
        begin
          OffsetStr := Format(' -0x%x', [-OffsetFromLineNumber]);
        end;

        Result := Format('[0x%p] %s.%s (Line %u, "%s"%s)%s',
                         [Addr, UnitName, FixedProcedureName, LineNumber, SourceName, StartProcOffsetStr, OffsetStr]);
      end
      else
      begin
        OffsetStr := Format(' +0x%x', [OffsetFromProcName]);
        if UnitName <> '' then
        begin
          Result := Format('[0x%p] %s.%s%s', [Addr, UnitName, FixedProcedureName, OffsetStr]);
        end
        else
        begin
          Result := Format('[0x%p] %s%s', [Addr, FixedProcedureName, OffsetStr]);
        end;
      end;
    end;
  end
  else
  begin
    Result := Format('[0x%p]', [Addr]);
  end;

end;

function DumpLastExceptStackInfoList(const Separator: String = '|'): String;
var
  I: Integer;
begin

  Result := '';

  with JclLastExceptStackList do
  begin
    ForceStackTracing;
    for I := 0 to Count - 1 do
    begin
      Result := Result + GetStackInfoDescription(Items[I].CallerAddr) + Separator;
    end;
  end;

  if Result <> '' then
  begin
    Delete(Result,Length(Result) - Length(Separator) + 1,Length(Separator));
  end;

end;

initialization
//  Include(JclStackTrackingOptions, stRawMode);
  Include(JclStackTrackingOptions, stStaticModuleList);
  JclStartExceptionTracking;

finalization
  JclStopExceptionTracking;

end.
このようなユニットをプロジェクトファイルのなるべく先頭のほうでusesしておき、TApplicationEventsコンポーネントのOnExceptionイベントで
procedure TForm1.ApplicationEvents1Exception(Sender: TObject; E: Exception);
begin
  Memo1.Lines.Add(DumpLastExceptStackInfoList(sLineBreak));
end;
というように処理させることもできます。

JCL Debugのいいところとしては、無料であること、またJCL/JVCLを入れてあればそれだけで使えることがあげられます。一方でいまいちなところとしては、メインスレッド以外のスレッドを扱うときはTThreadからではなくTJclDebugThreadから派生していないとスタックトレースがとれないこと、リソースDLLで言語切り替えをするプロジェクトでは、言語リソースDLLのコンパイルでいちいちエラーになってJCLの例外ダイアログが表示されること、それ以外にもJCL Debugを有効にしているとIDEでJCLの例外ダイアログが頻繁に表示されること、などがあります。

ところで例外時の(通常の)アドレス表示からソースコードの場所を特定するには、マップファイルを参照します(こちらも詳細がお勧めです)。表示されたアドレスから、マップファイルの先頭にある

Start Length Name Class
0001:00401000 001D3B24H .text CODE
0002:005D5000 0000155CH .itext ICODE
...
のCODEの値、通常は0x00401000を引きます。この値がマップファイル上のアドレス表示の"0001:XXXXXXXX"のXXXXXXXXに相当します。次にマップファイルの"Publics by Value"のリストの"0001:"の部分を上から順に、このアドレスと同じか、より小さく最も近い行を探します。見つかった行が例外を発生させたメソッドになります。さらに詳細マップであれば"Line numbers for"でこのアドレスを探していき、見つかったらそこに書かれているのがユニット(ソースコード)の名前と、行番号になります。

JclDebugでスタックトレースを取得する(Gist)

2017年12月4日

C++17標準規格発行

C++の新しい標準規格であるC++17(C++1z)がISOからISO/IEC 14882:2017として発行されたとのことです。

C++17がISOから発行されました - Faith and Brave - C++で遊ぼう

次の改訂は2020年に予定されているC++2x(C++20)になるようです。C++Builderも早いところC++17をサポートしてほしいものですが、その前にやらなきゃならないことがたくさんありますね…。

2017年12月1日

2017年11月1日

2017/11開催のセミナー

IDE Fix Pack 6.1.1

Andreas HausladenさんIDE Fix PackがアップデートされてVersion 6.1.1となっています。Compiler Speed Packの-x-fvsオプションに関する不具合のhotfixとのことです。

2017年10月30日

InterBase 2017 Update 1 Hotfix 1

InterBase 2017 Update 1にHoxfix 1が適用されて再リリースされています。バージョンは13.1.0.284となっています。InterBase 2017 Update 1にはクラッシュする不具合があり、回避策がないとのことで取り下げになっており、InterBase 2017 Update 1 Hotfix 1に置き換えられています(2017/10/30現在でDeveloper/Trial EditionはまだHotfix未適用のもののままのようです)。

30804 InterBase 2017 Update 1 (13.1.0.284) for Windows
30803 InterBase 2017 Update 1 (13.1.0.284) for Linux and macOS
30802 InterBase 2017 Server Ed., Win/Linux/macOS (13.1.0.284, English)
30801 InterBase 2017 Server Ed, Win/Linux/macOS (13.1.0.284, Japanese)
30800 InterBase 2017 ToGo Ed. (13.1.0.284) Win/Linux/macOS/iOS/Android
30738 InterBase 2017 (13.1.0.284) Developer Edition, English
30736 InterBase 2017 (13.1.0.284) Developer Edition, Japanese

Resolved Defects InterBase 2017 Update 1 Hotfix 1: October 2017, bugs fixed in version 2017 Update 1.
InterBase 2017 Update 1 Hotfix 1 is now available for download...

IDE Fix Pack 6.1

Andreas HausladenさんIDE Fix PackがアップデートされてVersion 6.1となっています。Compiler Speed PackのオプションをIDEのプロジェクト/コンパイルオプションで指定できるようにして、以下の機能を追加、変更しています。
  • Windows 10 Craetors Update(Version 1703)上でのパフォーマンス上の問題の対応としてDelphi 10.1 Berlinおよびそれ以前のバージョンでDLLの重複インポートを削除する(-x-fdi/デフォルトで有効)
  • Borland C++コンパイラの-ffオプションのように浮動小数点演算でfwait命令を削除して演算を高速化する(-x-ff)
  • Win32のDelphiコンパイラで仮想メソッドをインタフェース経由で呼び出す場合にXCHG命令を置き換えてCPUが暗黙にロックされるのを避けるような命令を生成する(-x-fvs)
  • Win32コンパイラで関数プロローグコードでXCHG命令を置き換える機能(-x-fpr)
  • "Compiler64.X86"パッチを小さいいくつかのパッチに分割
  • "EditorFocusFix"パッチでドッキングなしのレイアウトでメインフォームがアクティブウィンドウでないときにSetActiveWindowの呼び出しをスキップ

IDE Fix Pack 6.1 released | Andy's Blog and Tools

2017年10月22日

[書籍]Sphinxをはじめよう 第2版

技術書典3

Sphinxをはじめよう 第2版(POD版)/清水川貴之小宮健山田剛若山史郎著/オライリー・ジャパン/1,800円/ISBN978-4-87311-819-2

を購入。

2017年10月3日

[ebook]Delphi Memory Management For Classic And ARC Compilers

FastSpring

Delphi Memory Management For Classic And ARC Compilers/Dalija Prasnikar、Neven Prasnikar Jr.著/ePix/32.50USD

を購入(日本円で税込4,090JPY)。

この本はまだ執筆途中で、First Public Beta Releaseという扱いです。First Editionは2017/10/10予定とのこと。またMemory optimizationsとMemory management toolsの章は後日の無償アップデートで追加されるとのことです。

2017年9月29日

IDE Fix Pack 6.0

Andreas HausladenさんIDE Fix PackがアップデートされてVersion 6.0となっています。RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2.1 Tokyo対応とWindows x64のコンパイル速度の最適化、Delphi 2009のエディタのUTF-8のブロック補完が追加されています。

IDE Fix Pack 6.0 released – dcc64 and 10.2 Update 1 support | Andy's Blog and Tools

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2.1 Tokyo iOS 11 Patch

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2.1 TokyoのPatchがリリースされています。iOS 11への対応と以下の問題の修正、Windows/Linux用を含むPAServerのアップデートが行われているとのことです。
iOS SDKは10.3.xと11、Xcodeは8.2.x、8.3.2/8.3.3と9.0に対応しています。またこのPatchには前回のiOS Ad Hoc Deployment Patchの内容が含まれていますが、気にせず適用して構わないとのことです(30797が適用されていてもいなくても問題ない)。

30805 RAD Studio 10.2.1 iOS 11 Patch

Build iOS 11 ready apps with RAD Studio 10.2.1

2017年8月8日

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 Tokyo Release 1

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 TokyoのRelease 1(10.2.1)がリリースされています。

30783 RAD Studio, Delphi, C++Builder 10.2 Release 1 Web Install
30785 RAD Studio, Delphi, C++Builder 10.2 Release 1 ISO

10.2 Tokyo - Release 1 - RAD Studio (en)

List of new features and customer reported issues fixed in RAD Studio 10.2 Tokyo Release 1

RAD Studio 10.2.1 Released Today
RAD Studio 10.2.1をリリース
RAD Studio 10.2 Tokyo Release 1提供開始のご案内 [JAPAN]

Delphi Tokyo Release 1 or 10.2.1 is Now Available
Creators Update BPL Loading Issue and Tokyo Release 1

ただ非常に残念なことに、Andreas HausladenさんIDE Fix Packは10.2 Tokyoを最後に、これ以降のリリースをサポートしないとアナウンスされており、既に10.2 Tokyo用のダウンロードもできなくなっています。10年近くにわたって非常に有用なソフトウェアを提供してくださったAndreas Hausladenさんに感謝するとともに、このようなパッチがなくてもよいようにIDEの品質向上にEmbarcaderoが注力することを強く望みます(Andreasさんを半年くらいパートタイムで雇用すれば解決するのでは?)。

2017年8月3日

2017年7月28日

第34回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京

本日10:00から第34回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京コングレスクエア中野で行われます。今回もUStreamによるライブ中継が行われます。

  • 第34回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京
    • 【G1】ジェネラルセッション「モダナイゼーションを支援するエンバカデロのRADテクノロジー」
    • 【G2】テクニカルセッション「これが定番!RAD Studioで実践する既存システムのモダナイズ」
    • 【A3】Delphi/C++テクニカルセッション「既存のVCLアプリでもモバイル活用!簡単マルチデバイス連携術」
    • 【B3】テクニカルケーススタディ「Delphi 64bitで実現した大規模VR空間対応の新バージョン『UC-win/Road Ver.12』開発の道のり」
    • 【A4】Delphi/C++/InterBaseテクニカルセッション「基幹系だけじゃない!シーン別データベース活用術 - モバイル、デスクトップから多層、クラウドまで、コスト節約と性能実現のキモ」
    • 【B4】Delphiテクニカルセッション「Delphiで超高速OpenGL 2D/3D描画 - FireMonkey / VCLコンポーネントで驚きの性能実現」
    • 【A5】Delphiテクニカルセッション「クロスプラットフォーム開発で役立つDelphi新機能活用ポイント」
    • 【B5】Delphi / C++テクニカルセッション「プロジェクトが大きくなっても慌てない!RAD Studioチーム開発の心得」
    • 【G6】ライトニングトーク「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」
  • 第34回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン大阪
    • 【T1】Delphiテクニカルセッション「知って得する!今日から使えるDelphi実践テクニック」
    • 【T2】Delphi/C++/InterBaseテクニカルセッション「データベースとデータアクセスを見直そう!シーン別データベース活用実践 - コスト節約と性能実現のキモ」
    • 【G3】ジェネラルセッション「モダナイゼーションを支援するエンバカデロのRADテクノロジー」
    • 【T4】テクニカルセッション「これが定番!RAD Studioで実践する既存システムのモダナイズ」
    • 【T5】Delphi/C++テクニカルセッション「既存アプリをマルチデバイス活用に進化!VCLからのモバイル連携3段活用」
    • 【G6】ライトニングトーク「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」

2017年7月19日

[書籍][ebook]Expert Delphi

Packt Publishingで注文した

Expert Delphi (amazon US, amazon JP)/Paweł Głowacki著/Packt Publishing/ISBN9781786460165/49.99USD(Print+eBook)

が配送されてきました(今回の配送もDHL/佐川急便で、インドはチェンナイ(旧マドラス)からの発送でした)。2017/07/11に注文して8日目の到着、49.99USDから20% discountで40.00USD=4,576JPY4,676JPY(暫定、1USD=114.40JPY116.900JPY)でした。

2017年6月23日

[書籍]Effective Debugging

紀伊國屋書店新宿本店Effective Debugging (amazon US)の翻訳である

Effective Debugging (amazon)/Diomidis Spinellis著/黒川利明訳/大岩尚宏技術監修/オライリージャパン/3,456円/ISBN978-4-87311-799-7

を購入。

[書籍]改訂新版 C#ポケットリファレンス

紀伊國屋書店新宿本店

[改訂新版]C#ポケットリファレンス (amazon)/WINGSプロジェクト、土井毅、髙江賢飯島聡著/山田祥寛監修/技術評論社/2,851円/ISBN978-4-7741-9030-3

を購入。

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 Tokyo Android Compatibility Pack

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 TokyoのHotfixがリリースされています。以下の新しいバージョンのAndroid上でのテキストの入力の問題(10.1 Berlinでも発生)とレンダリングや性能上の問題(10.2 Tokyoで発生)を修正するとのことです。
30781 FireMonkey Android Compatibility Patch for RAD Studio 10.2
30782 Source code for FireMonkey Android Compatibility Patch

RAD Studio 10.2 向け FireMonkey の Android互換性 パッチ [JAPAN]

なおこのHotfixよりも先に30764 April 2017 RAD Studio 10.2 Hotfix for Toolchain Issuesをインストールする必要があるとのことです(30781を適用後に30764を適用した場合、再度30781を適用しなければならない)。

2017年5月31日

[書籍]Delphi in Depth: FireDAC

Amazon (US)で注文した

Delphi in Depth: FireDAC (CreateSpace, amazon US)/Cary Jensen著/CreateSpace/ISBN978-1546391272/49.99USD

が配送されてきました(今回の発送地はアメリカ合衆国デラウェア州、配送はUPS i-parcel/佐川急便でした)。2017/05/19に注文して12日目の到着、Dependency Injection In Delphiと合わせてShipping & Handlingが10.97USDで計60.96USD=6,787JPY6,979JPY(暫定、1USD=111.33JPY1USD=114.479JPY)でした。

2017年5月12日

RAD Studio ロードマップ 2017/05

RAD Studioのロードマップの2017/05版が公開されています。

RAD Studio Roadmap May 2017
May 2017 Roadmap Commentary from Product Management

日本語訳もそのうち公開されると思われますが、注目点をいくつかピックアップしておきます。
  • RAD Studio 10.2.1 Tokyoは今年(2017年)半ばくらいにリリース、C++BuilderのLinux Serverサポートを追加
  • RAD Studio 10.2.2 Tokyoは2017年末くらいにリリース、AndroidのZ-オーダサポートとWindows 10/WinRT関係の更新、C++のリファクタリングでリネーム機能のサポートとコード補完、コードインサイトの強化といったあたり
  • RAD Studio 10.3 コードネーム "Carnival"は2018年で、FMXでAndroidのネイティブコントロールのサポート、LLDBの統合、C++17サポート、Delphiで64bit macOSのサポートの追加、DelphiでNullable型サポートや文法面の強化など
2017/05/19追記: 日本語訳が公開されました。

RAD Studioロードマップ(2017年5月付)

2017/05/22追記: コメントについても日本語訳が公開されています。

製品マネージャからの2017年5月付け製品ロードマップに関するコメント