2009年4月28日

[書籍]Windowsデバッグの極意

Advanced Windows Debuggingの日本語訳である"Windowsデバッグの極意"が発売になっていたので購入。

Windowsデバッグの極意/Mario Hewardt、Daniel Pravat著/長尾高弘訳/アスキー・メディアワークス/ISBN978-4-04-867608-3/8,925円

Windowsプログラミングの極意(The Old New Thing)もそうだけど、最近のAMW(ASCII)のタイトルのネーミングセンスは微妙ですね(あとお値段も)。いい本を出してるんだけどな。

Getting Started with Delphi and C++Builder 2009

Alex Ciobanuさん、Lucian Benteaさん、Denisa Ilascuさん、Andrei Susneaさんによる"Getting Started with Delphi and C++Builder 2009"がdocs.embarcadero.comからダウンロードできるようになっています。また印刷したものをlulu.comから19.90USDで取り寄せることもできます(送料を考えたらあまり現実的ではありませんが)。

元ねたはDee Elling » Getting Started with Delphi and C++Builder 2009あたり。

2009年4月20日

Michael RozlogさんがDelphiのプロダクトマネージャに

Delphi.orgこの記事によれば、RAD studioチームのR&DマネージャとなったNick Hodgesさんの後任のDelphiのプロダクトマネージャはMichael Rozlogさんとのことです。
ただMichaelさんは2009/02にJBuilderと3rd Railのプロダクトマネージャになったばかりでした。ここのところJBuilderが放置気味であることを考えると、なにやら微妙です。

またTeamBのCraig Stuntzさんによれば、FTerにはおなじみRAD studioのQAマネージャだったChris PattinsonさんがEmbarcadero全体のDirector of Quality Assurance(QAディレクタ)になったということで、人事異動の季節なのでしょうか(EmbarcaderoとCodeGearの融合、という意味で)。

2009/04/21追記: Nick Hodgesさんのところにもでていますね。
Nick Hodges » Blog Archive » Random Thoughts on the Passing Scene #107

2009/04/22再追記: Chris Pattinsonさんのところにもでています。Craig Stuntzさんのツッコミ("Time to update the subtitle of your blog, Chris!")に応えてblogのサブタイトルが"Director of Quality Assurance, Embarcadero"になっています。
Chris Pattinson » Blog Archive » New Role - Embarcadero Director of Quality Assurance

InterBase/Firebird ODS versions

InterBaseおよびFirebirdにおけるODS(On-Disk Structure)バージョンをまとめてみました。

ODS 8.0
InterBase 4.0
InterBase 4.1
ODS 8.2
InterBase 4.2
ODS 9.0
InterBase 4.5
InterBase 5.0
InterBase 5.1
ODS 9.1
InterBase 5.5
InterBase 5.6
ODS 10.0
InterBase 6.0
ODS 10.1
InterBase 6.5
ODS 11.0
InterBase 7.0
ODS 11.1
InterBase 7.1
ODS 11.2
InterBase 7.5
ODS 12
InterBase 2007
ODS 13
InterBase 2009
ODS 14
InterBase 2009 (Special)
ODS 15
InterBase XE/XE3
ODS 16
InterBase XE7
ODS 17
InterBase 2017
ODS 10.0
Firebird 1.0
ODS 10.1
Firebird 1.5
ODS 11.0
Firebird 2.0
ODS 11.1
Firebird 2.1
ODS 11.2
Firebird 2.5
ODS 12
Firebird 3.0
InterBase 6とFirebird 1.0のODS 10.0には互換性があります。

元ねたはキムラデービーブログ | ODSまとめとInterBaseの追記ORCA愉快日記(2007-08-02)InterBase database structureあたり。

2010/11/01追記: ODS14とODS 15の記述を追加しました(John KasterさんによればODS 14はInterBase 2009 had a special ODS 14 to resolve some index corruption issues; so we skipped creating ODS 14 with InterBase XE. InterBase XE will still service any ODS 13/14/15 databases, but only will create ODS 15 from a new CREATE call or restore.とのことです)。元ねたはBehind the Screen » Upgrading InterBase 2009 to InterBase XE 64-bit

2014/12/02追記: Firebird 3.0(ODS 12)の記述を追加しました。

2014/12/04追記: InterBase XE3(ODS 15)/XE7(ODS 16)の記述を追加しました。

2017/03/10追記: InterBase 2017(ODS 17)の記述を追加しました。

2009年4月17日

"POWERED BY" "BUILT WITH"ロゴ更新

"POWERED BY"と"BUILT WITH"のロゴがCodeGear版からEmbarcadero版に更新されています。
エンバカデロ 「built with」「powered by」ロゴ
Embarcadero "built with" and "powered by" logos
ID: 25360, Embarcadero Powered By and Built With logos

2009/04/18追記: 日本語の記事のリンクを追加しました。

2009年4月16日

Nick HodgesさんがRAD studioチームのR&Dマネージャに

DelphiのプロダクトマネージャだったNick Hodgesさんが新しくRAD studioのR&Dマネージャになられたそうです。
Nick Hodges » Blog Archive » A New Role for Nick

2009年4月15日

Microsoft Monthly Update 2009/04

今日はMicrosoftのセキュリティアップデートの日です。
MS09-009
MS09-010
MS09-011
MS09-012
MS09-013
MS09-014
MS09-015
MS09-016

2009年4月13日

Weaverフィールドテスターミーティング終了

参加者の皆さん、エンバカデロテクノロジーズの皆さん、もちろんDavid Iさんもおつかれさまでした。
内容についてはもちろんNDAがありますんであまり書けませんが、んん~もうちょっと純粋にお話をする時間を長くとってもいいかな、消化不良な部分があるかな、という気もします。
Weaverはそのまま織り手でいいとのこと。色々なテクノロジーをひとつの製品に織り込む、みたいな意味合いでつけたようです。

2009/04/15追記: 藤井さんのブログエントリZDnet JapanのDavid Iさんのインタビュー記事が出てます。

2009/04/17再追記: David Iさんのブログエントリも出ています。3週間のツアーですか。おつかれさまです。

2009/04/22再再追記: ITProのDavid Iさんのインタビュー記事も掲載されています(ITProは要登録)。

2009年4月11日

Rave Reports 7.6.2 BEリリース

RADStudio/Delphi/C++Builder 2009に同梱されているRave Reports BEが7.6.2にアップデートされています(英語情報)。
ID: 26833, Rave Reports 7.6.2 BE for Delphi 2009 and C++Builder 2009

2009/04/15追記: 日本語の情報が出たので一部更新しました。高橋さん、情報ありがとうございます。

2009年4月10日

CodeGear不通

藤井さんによれば(日本時間の)昨夜からエンバカデロのスコッツバレーオフィスとの通信が不通になっているようです。原因は現地のAT&Tの地域網の切断らしいとのこと。既に15時間ほど経過していますが復旧していませんね。

2009/04/10追記: 11:56現在で復旧しているようです。

2009年4月7日

Delphi Weaverフィールドテスターミーティング

前回のデベロッパーキャンプで話が出ていたWeaverのフィールドテスターミーティングの案内がきました。とりあえずミーティングに参加する程度には認めていただけたらしい。よかったよかった。おそらくインターリムリリースという立場になるであろう今回のWeaverですが、その先のCommodoreを含め、なにかよい提案ができるといいなぁとは思っています。

2009年4月1日

Delphi 2009/C++Builder 2009 Help Update 2 (英語のみ)

Delphi 2009/C++Builder 2009のHelp Update 2がリリースされています。が、しかし、英語版のみで、英語以外のドイツ語/フランス語/日本語は今回はリリースされず、Help Update 3までスキップされる("Only the English language version is available in Help Update 2. The translated versions of the help (German, French, and Japanese) will become available in Help Update 3.")とのことです。InterBase SMP 2009 Hotfix Update 2が現時点で英語版のみの提供になっている件といい、いかがなものかと。
Readme: English Help Update 2 for Delphi and C++Builder 2009

2009/04/15追記: CHM/PDF/HTML版がdocs.embarcadero.comにアップロードされました。
Dee Elling » RAD Studio 2009 Help Update 2 CHM/PDF/HTML files posted

NTPサーバの存在しないワークグループでPCの時刻を同期する

いまどきはPCの時刻同期に(S)NTPを使うのが普通ですが、NTPサーバが存在しない(アクセスできない)ワークグループ環境ではnet timeコマンドを使用する方法もあります。

net time \\<servername> /set /y
<servername>はリモート(時刻を合わせる相手)のコンピュータ名です。

この方法ではローカルのログオンユーザとパスワードの組み合わせでリモートにアクセスできる必要があります。ローカルのログオンユーザ以外のユーザでリモートにアクセスする必要がある場合はnet useコマンドでリモートの管理共有IPC$に接続してからnet timeコマンドで時刻を同期します。

net use \\<servername>\IPC$ <password> /user:<username> & net time \\<servername> /set /y
<username><password>はリモートに接続することができるユーザ名とパスワードの組み合わせです。

定期的(1日1回やログオン時など)に時刻同期を行いたい場合はこれらのコマンドをバッチにしてタスクスケジューラに登録するという方法があります(タスクスケジューラで起動時を指定しても、(少なくともWindows XPでは)うまく動作しなかったため、次善の策でログオン時を指定するのがよいと思われます)。

元ねたはITPro(要登録)の時刻を同期する「net time」/「w32tm」net timeコマンドnet useコマンドを使ってワークグループ環境で事前にWindows認証を受けるあたり。