2011年2月25日

Windowsにおける呼出規約の歴史

Raymond ChenさんのThe Old New ThingにWindowsにおける呼出規約(Calling Convention)とその歴史的経緯に関するアーティクルがありました。

The history of calling conventions, part 1 - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs
Part 1では16bit環境での規約(C/Pascal/Fortran/Fastcall)について説明しています。16bit環境ではどの規約でもBP、SI、DIの内容は保持される必要があり、戻値はAX(16bit)またはDX:AX(32bit)に格納します。

The history of calling conventions, part 2 - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs
Part 2では過去に存在した32bitのx86以外のCPU(Alpha AXP/MIPS R4000/PowerPC)の規約について説明しています。これらのCPUでは呼出規約が1つずつしかありません。またRISC系CPUでレジスタが多く存在するため、スタックをなるべく使わないようになっています。

The history of calling conventions, part 3 - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs
Part 3ではx86(32bit)の規約(C/__stdcall/__fastcall/thiscall)について説明しています(Microsoftのものだけですが)。どの規約でもEDI、ESI、EBP、EBXの内容は保持される必要があり、EDX:EAXレジスタペアに戻値を格納します。なおC++のメンバ関数ではthisポインタが暗黙の第1パラメータとなることに注意が必要です。またWin32APIは基本的に__stdcallです。(参考: Results of Calling Example)

The history of calling conventions, part 4: ia64 - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs
Part 4ではia64(Intel Itanium)の規約について説明しています。ia64には呼出規約は1つしかありません。ia64には128のレジスタがあり、グローバルに使用する32(r0-r31)を除いたローカル領域の96(r32-r127)について、関数はレジスタをいくつローカル/パラメータで使用するのかを宣言するようになっており、可能であればレジスタ間のシフト(実際にはレジスタリネーミングでしょう)で、もし必要であれば専用のレジスタスタックを使用するようになっています(解釈が違ったらすいません)。戻値はグローバル領域のレジスタ経由で呼び出し元に返され、リターンアドレスも通常はローカル領域のレジスタ上に置かれます。興味深いのはスタック上の最初の16バイトは誰がいつどのように使ってもいい(=関数を呼び出したら内容が破壊されているかもしれない)領域となっていることと、ia64上の関数ポインタは関数のエントリポイントではなく関数記述構造体(a structure that describes the function)を指しており、構造体の前半8バイトがエントリポイント、次の8バイトが"gpレジスタ"の値を格納するようになっているということでしょうか(関数ポインタがエントリポイントではなくある種の構造体を指すというのはRISC系CPUと共通しています)。

The history of calling conventions, part 5: amd64 - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs
Part 5ではx64(AMD64)の規約について説明しています。
てきとうな要約:
  • x64ではx86のレジスタが64bitに拡張されており(RAX、RBX、...)、さらにR8-R15の8つのレジスタが追加されています。
  • x64についても呼出規約は1つしかありません。
  • 最初の4つのパラメータはRCX、RDX、R8、R9に格納され、それ以降はスタックに配置されますが、スタック上には最初の4つのパラメータの分の領域も確保されます。
  • パラメータが64bit未満の場合、上位ビットを0にするのではなくごみ("garbage")のままとなり、64bitよりも大きいパラメータはその格納アドレスが渡されます。
  • 戻値はRAXに格納されますが、64bitよりも大きい場合は第1パラメータとして戻値を格納する領域のアドレスが渡されます。
  • RAX、RCX、RDX、R8、R9、R10、R11以外のレジスタの内容は保持される必要があります。
  • スタックのクリーンアップは呼出元の責任です。
  • スタックは16バイトアライメントで維持されます。

Delphi(x86)の呼出規約については

Procedures and Functions (Delphi) - RAD Studio
プロシージャと関数 - RAD Studio

に説明があります。またx64については日本語だとAkihiro NotesさんMicrosoft x64 呼び出し規約の説明がわかりやすいですね。

2011年2月23日

x64プログラミングの参考資料

次期版のDelphi "Pulsar"では従来の32bit版Windows(x86)に加えて64bit版Windows(x64)とMacOS X(x86)のサポートが追加される予定です。Windows x64に関しては既にMicrosoftのVisual Studio (Visual C++)がサポートしていますが、Microsoftによるx64プログラミングの解説がMSDNにありました。

x64 の入門書: 64 ビット Windows システムのプログラミングを開始するときに必要な知識 -- MSDN Magazine, 2006 年 5 月
Visual C++ による 64 ビット プログラミング
64 ビット Windows プログラミング ガイド (Windows)

x86とx64の大きな違いは
  • データサイズ(32/64bit)
  • 呼出規約(calling convention)
  • 例外処理(SEH)
でしょうか(細かい話ではPE32+ヘッダやprintfの書式指定などもありますが)。これらの記事は"Pulsar"でも十分に役立つと思います。

2011年2月22日

64bit版Windowsでシステムキャッシュが物理メモリを使い切ってしまう現象

Firebird News

Firebird slow? Well, maybe it is Windows fault.

という記事がありました。FirebirdをWindows x64(XP/Server 2003/Vista/Server 2008)で動作させると処理がスローダウンする場合があり、

You experience performance issues in applications and services when the system file cache consumes most of the physical RAM
Too Much Cache? - Ntdebugging Blog - Site Home - MSDN Blogs

にあるようにシステムキャッシュが物理メモリを使い切ってしまう(物理メモリの最大90%をシステムが占有してしまい、残りの10%の物理メモリしかアプリケーションで使用できない)現象が存在する、という話です(原因はFirebirdとは全く無関係)。日本語だと

リソース不足について – 番外編1 (64bit 環境での注意点) - Ask CORE - Site Home - TechNet Blogs

あたりが詳しいのですが、対策としてはアプリケーション側からGetSystemFileCacheSize/SetSystemFileCacheSizeを使用してワーキングセットの上限値を制限する必要があります。またこれをサービスとして制御する

Microsoft Windows Dynamic Cache Service

というものを利用する方法もあります(むしろこちらが本命)。

なおWindows 7/Server 2008R2ではメモリ管理関係が設計から見直されていてこの問題は存在しないとのことです。

2011年2月21日

TFileStreamのコンストラクタで指定するアクセスモードについて

Delphiでファイルを扱うときによく使うTFileStream (ja)のコンストラクタCreate (ja)の第2パラメータModeと、WindowsのAPIであるCreateFile (ja)の第2パラメータdwDesiredAccess、第3パラメータdwShareMode、第5パラメータdwCreationDispositionの関係を調べてみました。

まずModeに指定できる値としてfm...の定義値を調べてみます。fmCreateのみがClasses.pasに
fmCreate = $FFFF;
(Classes.pasの53行目)(Delphi 2007の場合、以下同じ)

と定義され、その他の値はSysUtils.pasに
fmOpenRead       = $0000;
  fmOpenWrite      = $0001;
  fmOpenReadWrite  = $0002;

  fmShareCompat    = $0000 platform; // DOS compatibility mode is not portable
  fmShareExclusive = $0010;
  fmShareDenyWrite = $0020;
  fmShareDenyRead  = $0030 platform; // write-only not supported on all platforms
  fmShareDenyNone  = $0040;
(SysUtils.pasの44行目付近)

と定義されています。…fmCreateが0xFFFFで他の定義値が16bitの定数ということは、ModeにfmCreateを指定した場合、その他の指定は一切意味を持たない、ということになりますね。実際にTFileStream.Createを見てみると、
constructor TFileStream.Create(const AFileName: string; Mode: Word; Rights: Cardinal);
  begin
  if Mode = fmCreate then
  begin
  ...
  end
  else
  begin
  ...
  end;
  FFileName := AFileName;
end;
(Classes.pasの5474行目付近)

と、確かにModeがfmCreateかそれ以外かで完全に処理が分けられてしまっています。ではfmCreateのケースをさらに追ってみます。
inherited Create(FileCreate(AFileName, Rights));
(Classes.pasの5478行目)

とSysUtils.pas上のFileCreate (ja)を呼び出しています(inherited CreateはTFileStreamの派生元であるTHandleStream (ja)のコンストラクタ呼び出しです)。FileCreateは
Result := Integer(CreateFile(PChar(FileName), GENERIC_READ or GENERIC_WRITE,
    0, nil, CREATE_ALWAYS, FILE_ATTRIBUTE_NORMAL, 0));
(SysUtils.pasの5259行目付近)

という実装であり、結果としてfmCreateの場合、dwDesiredAccessはGENERIC_READ or GENERIC_WRITE、dwShareModeは0(Prevents other processes from opening a file or device if they request delete, read, or write access.=他の処理からは削除、読み込み、書き込みアクセスできない)、dwCreationDispositionはCREATE_ALWAYS(新しいファイルを作成します。指定したファイルが既に存在している場合、そのファイルを上書きし、既存の属性を消去します。)と、これらの値が固定的に指定される、ということになります。

一方fmOpen...の場合、
inherited Create(FileOpen(AFileName, Mode));
(Classes.pasの5484行目)

とSysUtils.pas上のFileOpen (ja)を呼び出しています。FileOpenは
const
  AccessMode: array[0..2] of LongWord = (
    GENERIC_READ,
    GENERIC_WRITE,
    GENERIC_READ or GENERIC_WRITE);
  ShareMode: array[0..4] of LongWord = (
    0,
    0,
    FILE_SHARE_READ,
    FILE_SHARE_WRITE,
   FILE_SHARE_READ or FILE_SHARE_WRITE);
  ...
  Result := Integer(CreateFile(PChar(FileName), AccessMode[Mode and 3],
    ShareMode[(Mode and $F0) shr 4], nil, OPEN_EXISTING,
    FILE_ATTRIBUTE_NORMAL, 0));
(SysUtils.pasの5196行目付近)

という実装で、dwDesiredAccessはfmOpenRead→GENERIC_READ、fmOpenWrite→GENERIC_WRITE、fmOpenReadWrite→GENERIC_READ or GENERIC_WRITEとマップされ、dwShareModeはfmShareCompat/fmShareExclusive→0(他の処理からは削除、読み込み、書き込みアクセスできない)、fmShareDenyWrite→FILE_SHARE_READ(他の処理からは読み込みアクセスのみ許可)、fmShareDenyRead→FILE_SHARE_WRITE(他の処理からは書き込みアクセスのみ許可)、fmShareDenyNone→FILE_SHARE_READ or FILE_SHARE_WRITE(他の処理からは読み込み、書き込みアクセスとも許可)とマップされ、dwCreationDispositionはOPEN_EXISTING(ファイルを開きます。指定したファイルが存在していない場合、この関数は失敗します。)が固定的に指定される、ということになります。

これ以外の組み合わせ、たとえば書き込みのために新規にファイルを作成(存在していたら上書き)し、そのファイルに読み込みアクセスのみ許可する、というような場合(dwDesiredAccess = GENERIC_READ or GENERIC_WRITE、dwShareMode = FILE_SHARE_READ、dwCreationDisposition = CREATE_ALWAYS)はTFileStreamを使用するのではなく、直接Windows APIのCreateFileをこれらのパラメータで呼び出し、取得したファイルハンドルでTHandleStreamを作成する、という処理が必要になります。例えばこんな感じでしょうか。
procedure HandleStreamSample(const AFilename: String);
var
  FileHandle: Integer;
  Stream: THandleStream;
begin

  FileHandle := CreateFile(PChar(AFilename),GENERIC_READ or GENERIC_WRITE,
                           FILE_SHARE_READ,nil,CREATE_ALWAYS,
                           FILE_ATTRIBUTE_NORMAL,0);
  if FileHandle < 0 then
  begin
    raise EFCreateError.CreateResFmt(@SFCreateErrorEx,[ExpandFileName(AFileName),
                                     SysErrorMessage(GetLastError)]);
  end;

  Stream := THandleStream.Create(FileHandle);
  try
    { Streamに対する処理 }

  finally
    Stream.Free;
  end;

end;

あるいはCreateFileの他のパラメータ、例えば第6パラメータにFILE_FLAG_...を指定したいような場合などもこのようなコーディングが必要になります。

2011年2月18日

RAD Studio/Delphi/C++Builder XE付属のFinalBuilder/AQtimeのアップデート

RAD Studio/Delphi/C++Builder XEにバンドルされているFinalBuilderとAQtimeがアップデートされ、FinalBuilder Embarcadero Edition(Ent/Arc SKUのみ)が7.0.0.992に、AQtime 7 Standard for Embarcadero RAD Studio XE(Pro/Ent/Arc SKUのみ)が7.10になっています。

AQtime and FinalBuilder Updates for Delphi XE, C++Builder XE and RAD Studio XE
28231 FinalBuilder for Delphi, C++Builder and RAD Studio XE
28230 AQtime 7.1 Standard for Delphi, C++Builder and RAD Studio XE

FinalBuilder 7 Version History

Bug Fixes in AQtime 7.10
New Features in AQtime 7.10

2011年2月16日

Project "Cooper"

2011年02月08日からLas Vegasで行われたDeveloper Solutions Conference (DSConf)でRemObjectsがJava版のDelphi Prism(Oxygene)ともいえるProject "Cooper"を発表しています。

DSConf in Review « RemObjects Blogs

現在RAD Studioに含まれているDelphi Prism("Oxygene")は.NET上で動作するObject Pascal環境ですが、Project "Cooper"はJava(JVM)/Android(Dalvik)上で動作するObject Pascal環境、ということのようです。開発環境はVisual StudioかMonoDevelopに統合されます。詳しくはプレビュービデオで。

YouTube - Project "Cooper" Preview

ただしOxygeneのいくつかの機能、例えば(.NETに強く依存する)LINQのようなものは含まれません。リリースは今年(2011年)で、それ以上のことは今は言えない(That's all we can really say,for now)、とのことです。

ちなみにYouTubeのビデオの最初に出てきますが、"Cooper"は懐かしのツイン・ピークスのクーパー特別捜査官(FBI Special agent Dale Cooper)から取られたそうです。

元ねたはフォーラムのThread: Cooper

関係ありませんが、ここ1日くらいフォーラムのサーバ(forums.embarcadero.com)が不安定のような気がします。

2011年2月14日

Delphiの特定バージョン以前/以後の判定を行う

ライブラリや共通コードを記述していると、DelphiのコンパイラやRTL/VCLの特定の機能が実装されているかどうかを判定して処理を分けたい、ということがよくあります。Delphi 2009のUnicode対応を示す標準条件シンボルの"UNICODE"のように
{$IFDEF UNICODE}
// String = UnicodeString (Delphi 2009 or later)
{$ELSE}
// String = AnsiString (Delphi 2007 or earlier)
{$ENDIF}

とできれば簡単なのですが、Windows.pasのTTokenInformationClassの新しい定義無名メソッド (ja)のサポートのように実装を示す標準条件シンボルの定義が存在しないものは単純に$IFDEFで判定できません。そこでDelphi 6で導入されたCONDITIONALEXPRESSIONSとRTLVersion/CompilerVersionを組み合わせて判定してみます。

Windows.pasにおけるTTokenInformationClassの定義はDelphi 2009(Ver20)で拡張されました。これはRTLの問題ですから、
{$IF (NOT DEFINED(CONDITIONALEXPRESSIONS)) OR (RTLVersion < 20.0)}
// Delphi 2-5 or 6-2007
{$ELSE}
// Delphi 2009 or later
{$IFEND}
で判定可能です(判定を逆にしたい場合はドモルガンの法則により{$IF (DEFINED(CONDITIONALEXPRESSIONS)) AND (RTLVersion >= 20.0)}とする)。 一方、Delphi 2010(Ver21)で言語仕様に追加されたクラスコンストラクタとクラスデストラクタについてはコンパイラの問題ですから、
{$IF (NOT DEFINED(CONDITIONALEXPRESSIONS)) OR (CompilerVersion < 21.0)}
// Class constructor/destructor is invalid
{$ELSE}
// Class constructor/destructor is valid
{$IFEND}
として判定することで、Delphi 2009およびそれ以前ではクラスコンストラクタ (ja)/クラスデストラクタ (ja)の代わりにinitialization部 (ja)/finalization部 (ja)で処理を処理を行う、といったことが可能になります。 なお$IFDEF$ENDIFで閉じますが、$IF$IFENDで閉じる、という点に注意が必要です。

2011年2月10日

UAC(User Account Control)の状態を取得する

Windows Vistaで導入されたUAC(User Account Control)が有効になっているかどうかはレジストリのHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\SystemEnableLUA(DWORD値)が0かどうかで判断できます(0はUAC無効、1はUAC有効)。一方でUACが有効のときにそのプロセスが管理者権限に昇格しているかどうかはOpenProcessToken (ja)でカレントプロセスのハンドルからアクセストークンを取得し、GetTokenInformation (ja)でTokenInformationClassにTokenElevationを指定して取得したTOKEN_ELEVATION構造体のTokenIsElevatedが0かどうかで判断できます(0は昇格していない、非0は昇格している)。

まずプロセスが管理者権限に昇格しているかどうかを判定する処理です。Windows.pasのTTokenInformationClassのTokenElevationやTOKEN_ELEVATION構造体の定義はDelphi 2009で追加されたものなので、それ以前のバージョンでは独自に定義する必要があります。
{$IF (NOT DEFINED(CONDITIONALEXPRESSIONS)) OR (RTLVersion < 20.0)}
type
  TTokenInformationClass = (TokenUser = 1,
                            TokenGroups,
                            TokenPrivileges,
                            TokenOwner,
                            TokenPrimaryGroup,
                            TokenDefaultDacl,
                            TokenSource,
                            TokenType,
                            TokenImpersonationLevel,
                            TokenStatistics,
                            TokenRestrictedSids,
                            TokenSessionId,
                            TokenGroupsAndPrivileges,
                            TokenSessionReference,
                            TokenSandBoxInert,
                            TokenAuditPolicy,
                            TokenOrigin,
                            TokenElevationType,
                            TokenLinkedToken,
                            TokenElevation,
                            TokenHasRestrictions,
                            TokenAccessInformation,
                            TokenVirtualizationAllowed,
                            TokenVirtualizationEnabled,
                            TokenIntegrityLevel,
                            TokenUIAccess,
                            TokenMandatoryPolicy,
                            TokenLogonSid,
                            MaxTokenInfoClass);
  {$EXTERNALSYM TTokenInformationClass}

  PTokenElevation = ^TTokenElevation;
  _TOKEN_ELEVATION = record
    TokenIsElevated: DWORD;
  end;
  {$EXTERNALSYM _TOKEN_ELEVATION}
  TTokenElevation = _TOKEN_ELEVATION;
  TOKEN_ELEVATION = _TOKEN_ELEVATION;
  {$EXTERNALSYM TOKEN_ELEVATION}

function GetTokenInformation(TokenHandle: THandle;
                             TokenInformationClass: TTokenInformationClass;
                             TokenInformation: Pointer;
                             TokenInformationLength: DWORD;
                             var ReturnLength: DWORD): BOOL; stdcall;
  external advapi32 name 'GetTokenInformation';
{$EXTERNALSYM GetTokenInformation}
{$IFEND}

function IsProcessTokenElevated(ProcessHandle: THandle): Boolean;
var
  TokenHandle: THandle;
  TE: TOKEN_ELEVATION;
  dwLength: DWORD;
begin

  Result := False;

  if OpenProcessToken(ProcessHandle,TOKEN_QUERY,TokenHandle) = False then
  begin
    Exit;
  end;

  try
    if GetTokenInformation(TokenHandle,TokenElevation,
                           @TE,SizeOf(TE),dwLength) = False then
    begin
      Exit;
    end;

  finally
    CloseHandle(TokenHandle);
  end;

  Result := (TE.TokenIsElevated <> 0);

end;

これを使用して、レジストリの値をチェックし、UACが有効ならIsProcessTokenElevatedで管理者権限に昇格しているかどうかを確認します。
type
  TUACStatus = (usNoUAC,           // UAC is not implemented
                usUACDisabled,     // UAC is disabled
                usUACEnabled,      // UAC is enabled
                usUACRunAsAdmin);  // UAC is enabled and process token is elevated

function GetUACStatus: TUACStatus;
var
  ReadValue: Integer;
begin

  Result := usNoUAC;

  if CheckWin32Version(6,0) = False then
  begin
    // Windows 2000 or XP: UAC is not implemented
    Exit;
  end;

  with TRegistry.Create do
  begin
    try
      RootKey := HKEY_LOCAL_MACHINE;
      if OpenKeyReadOnly('\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System') = False then
      begin
        raise ERegistryException.Create('Error: Cannot open registry key.');
      end;

      try
        ReadValue := ReadInteger('EnableLUA');
        if ReadValue = 0 then
        begin
          Result := usUACDisabled;
        end
        else
        begin
          Result := usUACEnabled;
        end;

      finally
        CloseKey;
      end;

    finally
      Free;
    end;
  end;

  if Result = usUACEnabled then
  begin
    if IsProcessTokenElevated(GetCurrentProcess) = True then
    begin
      Result := usUACRunAsAdmin;
    end;
  end;

end;

GetUACStatusの戻値がusUACEnabledの場合、REGEDITのように実行時に管理者権限を要求するプロセスを起動するときにUACの確認ダイアログが開くことになります(usNoUAC/usUACDisabledならUACは動作せず、usUACRunAsAdminなら既に昇格済なので確認されない)。

UACが有効かどうかとプロセスが昇格しているかは別々に取得するようにしたほうがいいのかもしれませんが、UAC有効でなければプロセスの昇格も起きないので、ここでは1つにまとめました。

元ねたはDisplay UAC Status - Sysinternals Forums - Page 1EternalWindowsセキュリティ / セキュリティコンテキスト / UAC

2011年2月9日

2011年2月8日

モーダルなフォームのOnShowイベントでそのフォームを閉じる

プログラム的に必要な設定が行われていないなど、何らかの理由でShowModalされた(モーダルな)フォームのOnShowイベントで当該フォームを閉じたい、ということがたまにあります。ところがOnShowイベントで
procedure TForm2.FormShow(Sender: TObject);
begin

  Close;

end;

としてもそのフォームを閉じることはできません。これはTCustomForm.Closeの実装が
procedure TCustomForm.Close;
var
  CloseAction: TCloseAction;
begin
  if fsModal in FFormState then
    ModalResult := mrCancel
  else
    ...
(Delphi 2007のForms.pasの5589行目付近より)
とモーダルなフォームではModalResultをmrCancelに設定するだけで、一方TCustomForm.ShowModalは
function TCustomForm.ShowModal: Integer;
  ...
  try
    Show;
    try
      SendMessage(Handle, CM_ACTIVATE, 0, 0);
      ModalResult := 0;
      repeat
        Application.HandleMessage;
        if Application.Terminated then ModalResult := mrCancel else
        if ModalResult <> 0 then CloseModal;
      until ModalResult <> 0;
      Result := ModalResult;
      SendMessage(Handle, CM_DEACTIVATE, 0, 0);
      if GetActiveWindow <> Handle then ActiveWindow := 0;
    finally
      Hide;
    end;
  ...
end;
(Delphi 2007のForms.pasの5816行目付近より)
となっており、Showの内部でCloseを呼び出してModalResultをmrCancel(など0以外の値)に変更しても、Showから戻ってきてから0に戻されてしまい、"ModalResult <> 0"という終了条件を満たさないためです。

これを回避するには例えばTTimerを使う方法も考えられますが、お手軽な解決として
procedure TForm2.FormShow(Sender: TObject);
begin

  PostMessage(Handle,WM_CLOSE,0,0);

end;

と自分(モーダルなフォーム)にWM_CLOSEメッセージをpost(sendではない)するという方法があります。PostされたWM_CLOSEメッセージはメッセージキューの最後に追加され、repeat-untilループの内部のApplication.HandleMessageでディスパッチされてTCustomForm.WMCloseから最終的にCloseが呼び出されることでModalResultが0以外の値になり、終了条件を満たしてフォームが閉じる、という仕組みです。

2011年2月7日

KSDevをエンバカデロが買収

先日のqadramに続き、エンバカデロ・テクノロジーズがVGSceneDXSceneの開発元であるKSDevのIPを買収し、KSDevのEugene Kryukovさんが"次世代フレームワーク"チームに加わった、とのことです。

Welcome - KSDev - Adobe AIR or WPF like components, 3D in Delphi, Delphi skin, Flash control, Visio like diagram drawing
I am excited to announce that I have joined Embaracadero’s next gen frameworks team leading a very exciting project.
I am working on a very exciting next generation App Development project that will go beyond what the KSDev products were providing. It is safe to say that similar functionality of these frameworks will be made available in future Embarcadero development products. I believe it will be well worth the wait.

というわけで現在のTFormを中心としたフレームワークを置き換える、おそらくはプラットフォーム非依存の新しいフレームワークが計画されている、ということのようです。

元ねたはEmbarcadero purchase KSDev « Delphi Haven

[書籍]プログラミング .NET Framework 第3版

同じくMARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

プログラミング .NET Framework 第3版 (amazon)/Jeffrey Richter著/藤原雄介訳/日経BP/ISBN978-4-82229-416-8/7,350円

を購入。

[書籍]C#ルールブック

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

C#ルールブック ~読みやすく効率的なコードの原則 (amazon)/向山隆行、片山優司、阿部順一、寺田和朗、畑中良平著/電通国際情報サービス監修/技術評論社/ISBN978-4-7741-4502-0/2,604円

を購入。

2011年2月6日

JCL 2.3.0.374/JVCL 3.41 Binary Installer for XEリリース

Delphi /C++Builder XE Starter SKUにコマンドラインコンパイラDCC32が付属していないため、JCL/JVCLのようにインストーラがDCC32を使用してコンパイルを行うタイプのライブラリをStarter SKUにインストールできない、という問題がありましたが、この問題を回避するJCL/JVCLのコンパイル済バイナリのインストーラがCodeCentralにアップロードされています。

28222 Jedi Code Library 2.3.0.374 Binary Installer for XE
28223 Jedi Visual Component Library 3.41 Binary Installer for XE

JVCLのBinary InstallerでJVCLをインストールする場合は、事前にJCLもBinary Installerでインストールしておく必要があるとのことです。

元ねたはJCL and JVCL Binary Installer for XE and Starter Edition | Andy’s Blog and Tools

2011年2月5日

DDevExtensions 2.3リリース

Andreas HausladenさんDDevExtensionsがアップデートされてVersion 2.3になっています。Delphi 2007用の"Set Version Info"の問題を含め、いくつかの不具合が修正され、Delphi 2009/2010/XE用のものが1つのパッケージに統合されています。

DDevExtensions 2.3 available | Andy’s Blog and Tools

2011年2月4日

Firebird 2.1.4 Release Candidate 1リリース

Firebird 2.1.4 Release Candidate 1がリリースされました。いくつかの機能追加と多数の不具合修正が行われています。

Firebird File Repositories (download)
Firebird 2.1.4 Release Candidate 1 Release Notes

2011年2月3日

第19回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ開催決定

第19回エンバカデロ・デベロッパーキャンプは以前からの予告どおり2011年03月30日に開催されます。

エンバカデロ・デベロッパーキャンプ
第19回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ

今回はエンバカデロ・テクノロジーズ チーフサイエンティストのAllen Bauerさんが来日、Pulsarのx64サポートやRAD Studio XEについてのディープなセッションが用意されています。また今回もG6セッションでライトニングトーク「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」があります。

CFPは頂きましたが、ネタは熟慮中です…。

2011年2月2日

Open Tools APIを使用してIDEのアドオンを作る

A7MさんによるOpen Tools API(OTA)を使用したadd-onの作り方。興味深い。

Open Tools API その0:概要 - C++Builder好きの秘密基地
Open Tools API その1:"Hello,World!"を表示してみる - C++Builder好きの秘密基地
Open Tools API その2:メニューの差し替えとノーティファイアインターフェース - C++Builder好きの秘密基地
Open Tools API その3:ソースエディタへのアクセス - C++Builder好きの秘密基地
Open Tools API その4:続・ソースエディタへのアクセス ソースエディタの「中身」をいじる - C++Builder好きの秘密基地

関連してGnosticeのGirish PatilさんによるCodeRage 5のOTA関係のセッションのリプレイビデオ(約35分)。

Video: Open Tools API を使用して Delphi IDE をより効果的にする方法を探る (英語)

Girish Patilさんによるセッションのデモコードは

Gnostice @ CodeRage Virtual Conference

からダウンロードできます。またOTAについてはGExperts

Erik's Open Tools API FAQ

も参考になるとのことです。

さらにUwe SchusterさんによるRAD Studio XEにおけるOTAの拡張、修正点に関する解説。

RAD Studio XE: Open Tools API changes highlighted Part#1 | Uwe's Delphi blog

2011/02/05追記: その3のリンクを追加。あとは次回のデベロッパーキャンプのA3セッションで。

2011/02/12追記: その4のリンクを追加。

2011年2月1日

エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン名古屋/大阪 2011

以前から予告されていたミニキャンプことデベロッパーキャンプツアーの開催が正式に発表されています。

エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン名古屋 2011
2011年03月02日(水曜日) 13:30-17:00 愛知県産業労働センター

エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン大阪 2011
2011年03月03日(木曜日) 13:30-17:00 大阪ビジネスパーク

いずれも海外担当副社長兼ジェネラルマネージャーのNigel BrownさんがジェネラルセッションとQ&Aセッションを行うようです。

Delphi/C++Builder XE Starterの機能制限

Delphi/C++Builder Starter SKUで動作する機能、動作しない機能に関する情報です(主にIDE関係)。

○ コード補完 ([Ctrl]+[Space])
○ ブロック補完 ("begin"[Enter]で"end;")
× クラス補完 ([Ctrl]+[Shift]+[C])
× ライブテンプレート ("for"[TAB]で"I := 0 to List.Count - 1 do" や "fo"[Ctrl]+[J]で"for"/"forb"/"forin"/"forr"を選択)
× デバッグ中のツールチップヘルプによる値の表示
× デバッグ中のローカル変数ウィンドウ
× コード参照/定義の検索 ([Ctrl]+Click)
○ InterBase Express (IBX)
○ Borland Database Engine (BDE)
× Database Express (DBX), DataSnap, TClinetDataSet
× VCL/RTLソースコード
○ サードパーティコンポーネントのインストール
○ Open Tools API (OTA)

元ねたはフォーラムのEmbarcadero Discussion Forums: Starter Edition is there

2011/02/03追記: Starter SKUにはコマンドラインコンパイラDCC32が含まれないため、DevExpressやJCL/JVCLのようにインストール時にコマンドラインコンパイラを使用するものはインストールに失敗する、という問題が公式フォーラムやjedi newsgroupに報告されています。

Embarcadero Discussion Forums: DevExpress Controls Won't Install in Delphi Startee Edition

とりあえずStrater用にコンパイル済バイナリを同梱するか、ファイル展開後にIDEで.dpkを開いてインストールするか、というのが解決方法でしょうか。

Delphi/C++Builder XE Starter日本語情報

日本語のリリースが公開されています。

エンバカデロ、C++Builder StarterとDelphi Starterを本日より販売開始

Delphi XE Starter Edition
機能一覧 (PDF)

C++Builder XE Starter Edition
機能一覧 (PDF)

Delphi XE Starter Edition / C++Builder XE Starter Edition - Q&A

Starter SKUはESD(Electronic Software Distribution)版のみで価格は18,900円、アップグレードの場合は14,700円になります(いずれも消費税込み)。

"1,000USDルール"はライセンスの追加条項で
Starter エディションに適用される追加条項
お客様が Starter エディションのライセンスを取得された場合には、以下の条項が適用されます。第 2 条第 1 項の権利付与と矛盾する範囲においては、この条項が優先するものとします。お客様は本製品を使用して、(i)お客様が直接または間接に料金を請求せず、ライセンス料金、サービス料金、開発料金、コンサルティング料金、サブスクリプション料金、サポート料金、ホスト設定料金などの報酬を受け取らないソフトウェア、および、(ii)お客様が請求する料金(ライセンス料金、サービス料金、開発料金、コンサルティング料金、サブスクリプション料金、サポート料金、ホスト設定料金など)が年間の累積で 1000 US ドルを超えないソフトウェアを、開発することができます。企業(営利か非営利かを問いません)がソフトウェアの使用権を付与する場合には、(i)企業全体の収益が 1000 US ドルを超えてはならず、(ii)配置する Starter エディション ライセンスの総数が 5 ライセンスを超えてはなりません。
ということになっています。また教育目的にはStarter SKUは適していないので、アカデミックライセンスを検討してほしいとのことです。

ITpro(要登録)、IT Leaders、ZDNet Japanにも記事が出ています。

DelphiとC++ Builderの廉価版が登場、1万4700円から - ニュース:ITpro
エンバカデロ、C++/DelphiのIDEに1万8000円の廉価版、条件は年間収益1000ドル | IT Leaders
エンバカデロ、商用利用も可能なC++BuilderとDelphiの低価格版 - builder by ZDNet Japan